転職

職場環境が悪い、より自分に合った仕事を探したいなどの理由で現在の仕事を辞めたいと考えた際に、もしも貯金がないと、本当に仕事を辞めてしまって良いものかどうか悩んでしまうでしょう。

転職をする決断は人生においてとても重要ですが、貯金がないと今後の暮らしがままならなくなってしまう心配があるので、二の足を踏んでしまうのは当然でしょう。

しかし、貯金がなくても安心して仕事を辞められる方法は色々あります。

この記事ではお金がない状況で転職をする際の方法や注意点などを解説するので、転職を考えている方は参考にしてください。

貯金なしでも退職できる?生活に必要なお金

貯金がない状態で退職するにあたって、まず知っておきたいのが生活していくうえで支払う必要がある様々なお金です。

事前に把握しておかなければ思わぬ出費が発生し、うまく対応できなくなる恐れもあるので、それぞれしっかり確認しておきましょう。

家賃:場合によっては引っ越しも要検討

現在親元を離れてマンションなどに住んでいる場合は、まず家賃の支払いが必要です。

家賃は毎月数万〜十数万といった大きなコストがかかりますが、家賃を支払えなければ最終的には強制退去をさせられてしまう可能性もあるので、支払いは必須です。

もしも引っ越しをした方が出費を抑えられるなら、退職にあたって引っ越しをしておくのも良いでしょう。

ただし引っ越しにも費用がかかるので、貯金がないと多少家賃が高くても今の家に住み続けた方が安上がりになることもあります。

引っ越しをすることにした場合は、引っ越し費用を極力抑えることが大事です。

仲介手数料や敷金・礼金が安い物件を探して、なおかつ引っ越し業者もネット割引やクレジットカード割引などに対応するものを選びましょう。

食費・衣料品などの生活費

人間が暮らしていくにあたって、食べ物を食べることは必須です。

また季節にあった服装や家電製品などがないと、身体を壊してしまう恐れがあります。

お金がない状況だと、転職を終えるまでできるだけ食費や衣料品費などの生活費を切り詰める必要はありますが、健康第一で考えましょう。

例えば今まで外食中心だった方は自炊に切り替えれば、健康を維持しつつ食費を抑えることができます。

服は大手チェーン店などでセール品を買えば、出費を抑えられるでしょう。

光熱費、インターネットや電話代

電気、ガス、水道といった光熱費や、インターネットや電話にかかる通信・通話費用も、生活において欠かせない存在です。

もしも止められてしまうと健康的な生活ができなくなってしまうので、適切に毎月期日までの支払いをする必要があります。

電気は生活に合ったアンペア数で契約、ガスや水道は使いすぎにお気をつけください。

ガスはプロパンガスより都市ガスの方が安く使えるので、退職時に引っ越しをする場合は、都市ガス対応の物件を選べば生活費の負担を軽減できます。

自宅のインターネット環境や電話は転職先を探す際などに必須です。

転職完了まで時間がかかりそうな場合は格安SIMを契約する、光回線を月額料金が安いものに乗り換えるなどして、維持費を抑えながら使うのがおすすめです。

年金、保険料、住民税など

日本で暮らしていくにあたり、以下の3つのコストが毎月かかります。

  • 国民年金
  • 健康保険料
  • 住民税などの税金

今まで会社で働いていた場合は自動的に給料から差し引かれていたと考えられますが、退職後は少なくとも別の会社に入るまで自分で支払わなければいけません。

それぞれ月々の出費額は大きいので、要注意です。

今後転職するための費用

転職にあたって、以下のような費用がかかってくるでしょう。

  • 転職手続きの際の交通費
  • 転職に必要なスーツなどの購入費用
  • その他、必要なものの購入費用(参考書、仕事に使う道具など)

以上のとおり、退職して転職するまでには、様々な費用がかかります。

退職時にもらえるお金は?

会社を辞める際は、状況によって金額が異なりますが、様々なお金をもらえます。

事前にいくらくらいもらえるのか、それぞれチェックしておくのが良いでしょう。

状況によっては生活費を補い、生活を切り詰めずに転職までの時間をやり過ごせるケースもあります。

退職金はもらえる?事前に計算しておくのがオススメ

会社を辞める際は、退職金をもらえることもあります。

ただし全ての会社員がもらえるわけではなく、退職金がある会社で、指定された条件を満たしていなければもらえません。

退職金は会社が絶対に支払わなければいけない規則があるわけではないので、ご注意ください。

現在勤めている会社の「就業規則」などを確認し、自分が退職金をもらえる条件を満たしているか調べてみましょう。

定年退職でなく自分や会社の都合で勤続20年以上の仕事を辞めた場合は、平成30年時点だと平均で686万円(高卒)〜1,519万円(大学・大学院卒)ほどの退職金をもらえています。

失業保険があれば、しばらく暮らしていける

会社を辞めた際は、失業保険(雇用保険)をもらえるケースもあります。

自己都合や会社都合など、様々な条件でもらえる金額が変わったり、もらえるまでの時間が変わったりします。

働けない正当な理由があったり、会社側に求められて止むを得ず退職したりする場合なら、離職日までの1年間に6ヶ月以上失業保険に加入していれば保険金をもらえます。

しかし、転職のために退職する場合は離職日前の2年間に1年以上被保険者でなければ、保険金はもらえません。

保険金を受け取れる日数は決まっていて、例えば自己都合での退職だと被保険者になってから10年未満なら90日、10年〜19年なら120日、20年以上だと150日です。

永遠にもらえるわけではないので、あくまで一時的なものであることを覚えておきましょう。

失業保険がもらえている間に転職活動をして、支給終了時には転職を終えておきたいところです。

失業保険の待機期間や「給付制限期間」とは?

失業保険は、もらえるタイミングまでの「待機期間」が設定されています。

転職のために自分から退職した場合は、7日間の待機期間に加えて失業保険支給開始までの待ち時間「給付制限期間」が3ヶ月程度発生してしまいます。

つまり転職のために自分から会社を辞めたら、3ヶ月と1週間は給料なしで暮らさなければいけません。

なお会社の都合や労働できない事情がある場合は、7日間の待機期間を終えればすぐに保険金が支給されます。

貯金なしでも退職したい方におすすめの対策

仕事をすぐに辞めたいけれど、貯金がない場合は、事前に転職までに収入を得るための手段を確保しておくことをおすすめします。

また転職までの空き時間を発生させないことも、貯金がない場合はおすすめの対処法と言えるでしょう。

退職前に、すぐに始められるアルバイトを探しておく

退職後に収入を得る手っ取り早い手段として挙げられるのは、アルバイト先を見つけておくことです。

退職直後にアルバイトを始めてしまえば、アルバイトをしている期間中はアルバイトの給料をもらえます。

身の回りのお店やインターネット上のアルバイト探しサービスなどを調べてみて、退職後も暮らしていけるだけの賃金をもらえるアルバイト先を探しておくと良いでしょう。

転職サイトを利用して、転職先を見つけてから退職する

退職直後に新しい勤務先に就業できるよう、退職前に転職サイトなどを利用して、転職先を探すのもオススメです。

事前に有給休暇などを利用して面接を終え、転職完了日まで決めてしまってから会社を退職できれば、貯金がなくても収入が発生しない期間は最小限に抑えられるでしょう。

転職前に有給休暇を使い、しばらく給料をもらうのもオススメ

今勤めている会社で有給休暇を使える期間が残っている場合にオススメなのは、転職前に有給休暇を全て使い切ってしまうことです。

有給期間を利用して転職活動を行えば、お金をもらいながらも次の転職先を確保し、万全な状態で今の会社を辞めることができます。

「周りの人に不快に思われるかもしれない」など不安があるかもしれませんが、どのみち今後辞める会社であれば、周りにどう思われようとそれほど支障はないので、心配は無用です。

せっかく残っている有給休暇期間は、フル活用しましょう。

ストレスなどが積み重なっているなら、有給休暇中にしっかり休息をとって、転職後にしっかり働ける健康状態を構築しておくことも大事です。

公共職業訓練に通って失業保険の給付制限期間をなくす

公共職業訓練に通えば、身につけていないスキルを得られるので、転職先の幅が広がります。

しかも公共職業訓練へ通うと、訓練開始の段階で失業保険の給付制限期間3ヶ月が解除されます。

お金をもらいながらスキルを身につけられて一石二鳥なので、失業保険期間中は公共職業訓練へ通ってみてはどうでしょうか。

なお、公共職業訓練を受けるためには、ハローワークで受講指示を受ける必要があるので、まずはハローワークで転職先を探すことから始めましょう。

大至急生活費を確保する方法

ここまでに解説した対処法を用いていくとしても、数日〜数ヶ月などしばらくの間は無収入期間が発生してしまうこともあるのではないでしょうか。

手っ取り早く生活費を確保する方法をそれぞれ解説していくので、お金に困った際は活用してみましょう。

不用品を、中古ショップやフリマアプリで売却する

手元にある以下のような不用品を売却すれば、生活費を用意できます。

  • ゴルフクラブなど、趣味の品
  • CD、DVD
  • ゲーム機、ゲームソフト
  • 漫画、本
  • 不要になった家電製品

中古ショップに持ち込めば即日でお金を受け取れるので、今日の晩御飯を食べるお金にも困っているような状況でも安心です。

フリマアプリだとお金が手元に入るまで時間がかかりますが、代わりに中古ショップより高く商品を売れることもあります。

クレジットカードやカードローンで、一時的に必要品や生活費を確保

クレジットカードで食料品などを購入したり、カードローンで現金の借り入れをしたりすることでも、生活ができます。

ただしもちろんですが、将来的にはそれぞれ利用金額の返済が必要です。

特にカードローンでは金利も発生するので、使いすぎにはご注意ください。

退職後にカードを作るのは難しいので、退職前に作っておく

退職した状態でクレジットカードやカードローンを新しく申し込むのは、困難です。

基本的にどちらも、社会人の場合は安定した収入がある状態でなければ申し込めません。

手元に生活手段としてクレジットカードやカードローンを用意しておきたい場合は、退職前に申し込んでおきましょう。

なお転職を終えて安定した収入がある状態になってからであれば、またクレジットカードやカードローンを新しく申込んだ際にも、審査に通る可能性があります。

お金がない時のおすすめ解決法

友人や親に資金を借りる

どうしても自分一人の力で生活を続けるのが困難な場合は、友人や親を頼って一時的にお金を貸してもらいましょう。

しっかり返済するのであれば、貸してくれるかもしれません。

万が一お金を借りた場合は、今後信用を失わないように、早めに返すように心がけましょう。

なお一人暮らしをしていくのが困難な状態である場合は、一旦自宅を引き払って、親元へ戻るのも一つの方法です。

今後の転職先が全く見通しの立たない状態で困っている場合などは、検討してみましょう。

ただし親元に戻った結果転職の希望を失ってしまい、堕落した生活を送り続けてしまうようなことはないように、ご注意ください。

転職後は貯金を始めるのがオススメ

転職をする際にお金をしっかり手元に用意してあれば、もし自分の都合で仕事を辞めることになっても心配が減ります。

今回転職時無事成功したら、今後はできるだけ貯金も行うようにするのがおすすめです。

少なくとも半年くらいは無収入でも暮らせるくらいのお金を貯金しておけば、急なトラブルにも落ち着いて対応できます。

まとめ

今回は、仕事を辞めたいものの貯金がない場合の対処方法について解説しました。

貯金がない場合は、まずは失業保険や退職金がもらえるかどうかをチェックしましょう。

ハローワークや転職サイトなどで転職先を探したり、アルバイト先を探して置いたりすることで、無収入期間を短く抑えられます。

大至急生活に使うお金が必要になってくる場合は、合わせて不用品の売却や周りへの相談などをしてみましょう。