クレジットカード

急な出費が発生したものの、手元にまとまったお金がないなどの理由から、クレジットカードで使える金額を現金にできれば良いのに…と思うこともあるでしょう。

クレジットカードには現金化サービスが存在したり、様々な方法でショッピング枠やキャッシング枠を現金化できたりします。

この記事では注意点も踏まえつつ、クレジットカードの現金化方法を解説します。

最後まで読めば、自分に合った方法で現金化を行えるので、参考にしてください。

クレジットカードの現金化サービスとは?

町中やインターネット上で見かける「クレジットカードの現金化」サービスは、その名の通りクレジットカードを使って、現金を手に入れられるサービスです。

ただし当然ながら、現金化には上限があったり、現金化にあたって手数料が発生したりといった注意点もあります。

まずは現金化サービスの特徴を解説するので、利用前にしっかり確認しましょう。

現金化の方法には、キャッシュバック型と買い取り型がある

クレジットカードの現金化サービスは、「ショッピング枠」、つまり買い物に使える金額を現金化するもので、キャッシュバック型と買い取り型が存在します。

キャッシュバック型では、専用業者を利用して対象の商品を購入することで、特典としてキャッシュバックを振込などにより受け取ることによる現金化ができます。

買い取り型はクレジットカードで対象の商品を購入し、買い取りを行っている対象の店舗に持ち込むことで、商品を買い取ってもらうことでの現金化となります。

どちらも現金を手に入れられることと、商品の購入を伴う点は変わりません。

キャッシュバック型は対象商品の購入後すぐに金額を振り込んでもらえるので、時間がかからないのがメリットとなっています。

しかしデメリットとして、誤って悪徳業者を利用してしまい現金化に失敗する可能性があることに気をつけなければいけません。

買い取り型は基本的に「売れ筋商品」を自分で購入して売却するしくみなので、業者を通す必要がないため安心ですが、お店の営業時間外は現金化ができなかったり、WEB上の買取サービスを利用する場合は振込まで時間がかかったりするのが難点です。

カードにはショッピング枠が決まっているため、現金化には上限がある

クレジットカードの現金化は、設定されているショッピング枠の範囲内で行うこととなります。

例えば利用限度額が30万円に設定されているクレジットカードでは、30万円分しか現金化ができないことに気をつけましょう。

クレジットカードの現金化には、手数料等がかかる

クレジットカードで現金化を行う際は、買い取り型・キャッシュバック型のどちらを利用するとしても、手数料などがかかってしまいます。

買い取り型の場合は、商品の購入費用と売却金額の差額が事実上の手数料です。

キャッシュバック型の場合は、業者側で設定されている手数料がかかるため、支払額に対して受け取れる金額は少なくなります。

現金化をする際は、どれくらいの金額が別途かかってしまうのかをしっかり確認しましょう。

現金化サービスのメリットは、入金までの待ち時間が短いこと

キャッシュバック式の現金化サービスを利用するメリットは、即日・最短3分などの短い時間で入金してもらえることです。

買い取り型を利用する場合は、一旦商品を購入→自分でお店に持っていく(WEB買取サービスなら発送)→査定後に売却金額を受け取りとなるため、時間がかかってしまいがちです。

自分の行動できる時間とお店の営業時間の兼ね合いによっては、即日で現金を手に入れるのは難しくなってしまうこともあるでしょう。

キャッシュバック式なら家にいながら、あるいは仕事の空き時間などを利用してサービスを利用可能、気軽に現金化を行えます。

【注意】クレジットカードのショッピング枠の現金化は、違法とされる場合も多い

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法は、キャッシュバック型・買い取り型のどちらでも、違法となってしまう恐れがあります。

クレジットカードは買い物に使うものであり、現金が必要なら基本的にキャッシングサービスを利用したり、カードローンなど他の借り入れサービスを使ったりするのが正しい方法です。

クレジットカードの会員規約をチェックしてみて、「現金化サービスは利用してはいけない」といった記述がある場合は、利用すると違法となってしまうことにご注意ください。

特に記述がないとしても、基本的にカードで購入した商品は請求額を支払うまで「カード会社から借りているもの」として扱われるため、売却すると「人のものを勝手に売った」として不適切な利用と扱われる恐れがあります。

利用停止や強制解約の恐れもある

クレジットカード会社側が現金化サービスの利用に気づいた場合は、カードを利用停止になってしまったり、強制解約されてしまったりする場合もあります。

利用停止や強制解約になったクレジットカードは使えなくなってしまうので、ご注意ください。

主なクレジットカード現金化サービス

キャッシュバック方式によりクレジットカードのショッピング枠を現金化できるサービスは、様々です。

主な3つのサービスを紹介するので、今後の利用の参考にしてください。

換金率98.8%が謳われているあんしんクレジット

あんしんクレジットは利用者数や換金率、そしてユーザー満足度のNo.1を謳っているのが特徴の、クレジットカード現金化サービスです。

土日祝日でもOK、さらに利用金額はリボ払いや分割払いで支払うこともできます。

最短10分で振り込んでもらえるので、待ち時間が短いのもメリットと言えるでしょう。

また、換金率は98.8%と謳われていて、非常に高いのも魅力です。

例えば10万円が98.8%で現金化されるとしたら、換金率が98.8%だと98,800円を受け取れるので、実質の負担額は1,200円しかありません。

カード停止事故ゼロのLIFE

LIFEは最短5分で即日の現金振込をすることが謳われていて、さらにカード停止事故はゼロとされています。

利用者は累計35,000人以上、16年以上の運営が行われているため、信頼性が高いのも魅力です。

還元率は即日で最大97.8%(30万円以上利用時)と謳われていて、例えば30万円を現金化するなら、293,400円を受け取れるため、実質の負担額は6,600円となるでしょう。

なおLIFEは、複数枚のクレジットカードの現金化にも対応しています。

いつでも即日現金化ができるシークレット

シークレットは、最大換金率98.6%、最短10分での入金が謳われているサービスです。

シークレットは「10人の法律専門家が安全性を保証している」のが特徴で、創業以来カードが利用停止となってしまったことは1回もないと説明されています。

例えばシークレットで即日振込みを行う場合、1~10万円未満は92%の還元率となるため、5万円を利用する場合は46,000円を受け取れるので、負担金額は4,000円となるでしょう。

高換金率が期待できる、クレジットカードの現金化方法

自分で商品を購入して買取サービスなどに売却する「買い取り型」の現金化を行う場合は、高く売れる商品を購入して、高く買い取ってもらうことが重要です。

主な高価買取が期待できる商品の種類について、買取方法と合わせてまとめたので、参考にしてください。

なお、自分で買った商品を売却して現金化する場合も、たくさん行うなどすると「現金化行為」とみなされ、カードの利用停止等に繋がる恐れがあることに注意しましょう。

ニンテンドースイッチなど、買取価格が高いゲーム機・ゲームソフトを購入して売却する

ニンテンドースイッチやPS4といったゲーム機は、買取価格が高いため、クレジットカードの現金化におすすめです。

ゲーム関連商品を買い取ってもらえる店舗はWEB・実店舗ともに多いので、気軽に利用できるのも見逃せないメリットでしょう。

ゲーム機はいずれも人気があるため、ゲオなどのゲーム買い取り店舗やメルカリ・ヤフオクなどの個人売買サービスにおいて、すぐに売却が可能となっています。

振込が数日後になっても構わないならメルカリ等の個人売買を利用し、高値で売却しましょう。

すぐに現金を手に入れる必要がある場合は、ゲオやブックオフなどの買取店舗へ足を運ぶのがおすすめです。

なお、基本的に性能が充実している新型のゲーム機や、数量限定となっている特別デザインのゲーム機は、高額で売れる傾向にあります。

そしてゲームソフトは、新発売されたばかりのものや、人気が高いスーパーマリオ、ポケモンなどが高く買い取ってもらえます。

お店に買い取ってもらう場合は、WEB上や店舗配布の買取価格表をチェックし、購入価格と買取価格の差が小さい商品を購入・売却するのが重要と考えられるでしょう。

お店での買取価格が高い商品は、ヤフオクなどでの個人売買でも高く売れるので、ゲーム関連の商品を高く売りたい場合は情報チェックが重要です。

iPhoneなど、買取価格の高い最新のスマートフォンを購入してすぐに売却する

iPhoneやGalaxy、Xperiaなどの最新スマートフォンやタブレットは、ソフマップやじゃんぱらなどの買取店舗や、ヤフオク、メルカリなどの個人取引サービスで高く売れます。

家電量販店等で新品を一括購入したり、個人売買サービスや中古ショップで購入したりして手に入れたスマートフォンやタブレットを、再度WEBや実店舗で売却してみてはどうでしょうか。

特に日本ではiPhoneの人気が高いため、iPhone 6sなどの古い機種でもすぐに・高額で売却しやすくなっています。

ただし分割払いでスマートフォンを購入すると、毎月の本体代金の支払いが発生してしまったり、返済が滞った場合利用制限がかかり、購入者とのトラブルが発生してしまったりすることにご注意ください。

またじゃんぱらなど、端末代金の支払いが終わっていない機種は、残債の支払いを終えるまで満額の買取金額を受け取れないお店もあります。(完済後、残りの買取金額を受け取れるしくみ)

売却して現金化に利用するスマートフォンやタブレットなどの機器は、後からのトラブルを避けるために一括で購入しましょう。

ブランド物の時計やバッグなどを購入後、売却する

エルメスのバッグやロレックスの時計など、ブランド物の商品は、ショップ等で高く買い取ってもらえる傾向にあります。

商品の状態劣化によって査定金額の低下が発生するので、手に入れたら丁寧に扱い、すぐに売却してしまうのが良いでしょう。

手元に購入できるデパート等で使える「商品の割引券」などがある場合は、利用して購入金額を抑えることで、現金化コストを抑えることも可能です。

新幹線の回数券を購入し、売却する

新幹線の回数券は、旅行や仕事などで利用する人が多い=需要があるので、高額で買い取ってもらえます。

ヤフオク等で売ることも可能ですが、特に手軽なのは駅の近くにある金券ショップで売却してしまうことでしょう。

回数券を購入した足で、そのままお店に行き、現金を受け取れます。

また、クレジットカードで回数券を購入する場合、クレジットカードのポイント付与もあるので、一石二鳥です。

特にビューカードを使ってJR東日本エリアで回数券を購入するなら、1.5%のポイント還元+回数券の買取金額を受け取れるので、お得です。

その他のクレジットカード現金化方法

クレジットカードを使って現金を手に入れる方法は、他にも2つあります。

どちらも正規のサービスを利用した現金獲得方法なので、確実に・安心して現金を借り入れたい場合に利用してみてはどうでしょうか。

キャッシングなら、正規のサービスなので安心して利用可能

クレジットカードの機能である「キャッシング」を利用すれば、ATMや振込で現金を借り入れられます。

例えば三井住友VISAカードのキャッシングは最短30分で利用枠を設定・現金引き出しや即時振込で現金を受け取れます。(手数料は、通常100万~300万円で15.0%、5万円~90万円で18.0%)

審査に通ってサービスが利用可能になれば、利用停止等の心配もなく、確実に現金を借り入れられるので、キャッシングサービスの利用を検討してみてはどうでしょうか。

ACマスターカードにはカードローン機能があるので、借り入れもできる

アコムが展開しているクレジットカード・ACマスターカードには、カードローン機能が搭載されています。

カードローン機能により、利用可能な金額分は、銀行やコンビニのATMなどを利用しての現金借り入れが可能です。(手数料は実質年率3.00%~18.00%)

ACマスターカードは自動契約機での即日発行にも対応しているため、すぐに利用を開始できるのも見逃せないメリットでしょう。

まとめ

クレジットカードの現金化には、キャッシュバック方式と、自分で買った商品を売却する買い取り方式があります。

現金化はカードの利用規約によって違法となっていることもあるので、利用の際は注意しなければいけません。

キャッシュバック方式のサービスで現金化を行う場合は、口コミ評判なども調べつつ、信頼性の高い業者を利用するのがおすすめです。

買い取り式で現金化をする場合は、ゲーム機やスマートフォンなどの高く売れる商品を購入して、高く買い取ってもらいましょう。

クレジットカードではキャッシングサービスが提供されていて、さらにACマスターカードならカードローン機能での現金借り入れもできます。

様々な現金化方法がありますが、より確実に・安心な方法で現金を借り入れたい場合は、キャッシングやカードローンの利用がおすすめです。